美作農園のご紹介

経営理念

ノーマライゼーション
農業のノーマライゼーションを目指します

ノーマライゼーションとは「一般化」という意味を持ちます。企業理念の実現は、関る全ての人々(全社員、お客様、利害関係者)の生活の豊かさの創造であり、絶えず収益の向上を遂げ発展成長する農マル園芸グループ、そして全社員のロイヤリティー(誇り)の実現であると考えます。

  • 産業ノーマライゼーション

    農産物直売所、花の生産直売・観光事業を通して生産者と消費者のFace to Faceの関係を築き、農業を身近に感じてもらい、広く人々の農業への関心を求めます。

  • 職業ノーマライゼーション

    農業を法人経営化することにより農業後継者以外で農業を志す人々に就農の機会を与え、この分野に従事してもらうことで、広く農業人の育成を図ります。

  • 農村ノーマライゼーション

    農村の基幹産業である農業を活性化し、農業従事者の育成、定住化を図り、地域社会の発展に寄与します。

代表ご挨拶

代表取締役社長

美味しさを追求した「量より質」のこだわりのイチゴを皆様に「フルーツ王国岡山」の県北部、水豊かな中国山地のふもと美作市の最南端にある農園です。このような恵まれた環境で、「美を作る」町にふさわしい農園を目指しています。
この立地環境を生かしての質へのこだわりは、観光農園としても多くのお客様に来園を頂いており、大変先様に喜ばれるとイチゴ、ブドウはもちろん、そのおいしい果物を加工してのプリン、大福等も贈答として喜んでいただいております。
当園は、ぶどう園として先代が約50年のキャリアを重ね、さらに現代表者は、1998年にイチゴ観光農園をスタートさせました。2021年には1ヘクタールを超える中国地方最大級のイチゴ園になりました。
農業の抱える諸問題をこの経営体を進化発展させることで解決する糸口にしたいと思い、当社の理念を「農業のノーマライゼーション」としました。その思いは、

その1観光農園等を通じて農業を広く皆さんに知っていただくFace to Faceの関係を築くこと(産業のノーマライゼーション)
その2農業の世界に、より多くの若者に就業形態をとり参画してもらう事(職業のノーマライゼーション)
その3農村の基盤である農業を活性化し村おこしに貢献する。(農村のノーマライゼーション)

このような理念での活動も30年近くを経て多くの皆様にお越しいただける農園、多くの農業者が育って活躍する農園、地域社会でもその存在感がクローズアップされるようになりました。この理念は、実現されてきた手ごたえを感じつつも、さらに深化させて、この先も変わらぬ理念として掲げていきたいと考えております。
「ここのイチゴを食べたら他のは食べん」と言われることがよくあります。その広がりが、規模拡大につながり、さまざまな加工商品の取り組みに繋がりました。
岡山を代表する観光農園として発展する中で、新たに、イチゴ苗のオーナー制度をスタートするなど、お客様により農業を身近に感じていただける取り組みを進めています。
今後ますます美作農園は、お客様にとってのふるさとの親戚のようなお付き合いができる関係づくりを目指してまいります。

農園概要

社名 有限会社 美作農園
現行代表者創業 平成7年
法人設立 平成10年7月23日
所在地 岡山県美作市奥1117-1
電話番号 0868-74-2471
FAX 0868-74-2471
ウェブサイト http://mimaen.co.jp/
代表 代表取締役社長 小川博巳
資本金 9,900万円
事業内容 生産部門:いちご、ぶどう、水稲、くり等、農産物の生産・出荷
販売・流通部門:直売店、観光いちご狩り、観光ブドウ狩り

事業紹介

美作農園では、生産直売、観光事業のノウハウ蓄積と人材の育成を成し遂げました。これにより、農業(1次産業)・製造業(2次産業)・商業(3次産業)を掛け合わせて農業の6次産業的展開が可能となりました。

  • いちご栽培
    いちご栽培

    栽培規模:86aの農園でいちご栽培を行っています。

  • ぶどう栽培
    ぶどう栽培

    栽培規模:110aの農園でぶどう栽培を行っています。

  • 水稲
    水稲

    栽培規模:200a

  • 栗園
    栗園

    栽培規模:10a

  • 直売所
    直売所

    農園で採れた果物や、自家製プリンなどを販売しています。

  • オンライン販売
    オンライン販売

    農園で採れた果物やスイーツをオンラインで販売しています。

  • 観光事業
    観光事業

    いちご狩り、ぶどう狩りといった、体験観光事業を行っています。

  • 農産加工品販売
    農産加工品販売

    農園オリジナルの「岡山プリン」「大福」「ジャム」などを製造・販売しています。

  • 農園カフェ湯郷
    農園カフェ湯郷

    美作市湯郷にて「農園カフェ」を運営しています。

  • こびとのおやつ
    こびとのおやつ

    美作市明見にて「フルーツとクリームパン工房 こびとのおやつ」を運営しています。

  • コンサルティング事業
    コンサルティング事業

    いちご、ぶどう等農業経営のコンサルタント業務を行っています。

  • comming soon
    comming soon

沿革

平成5年7月
両親とともにぶどう栽培に従事。
昭和60年頃より葉牡丹等の委託生産を開始していた。(親戚の業者より)
平成元年頃より母親が趣味で花の無人販売を開始。(ぶどうの直売店利用)
平成7年2月
花の試験栽培施設の設置(210㎡)(以後ブドウ栽培は、両親へ)
4月
農マル園芸と命名(農業のノーマライゼーション)ぶどうの直売店を花の直売店に移行、有人販売開始。(パート雇用)
5月
妻京子、経営に合流。体制整う。
11月
資金を導入し、ハウス増設。(1,500㎡) パート雇用(2~3人) 各地の農産物直売所にて委託販売開始する。
平成8年3月
ハウス完成。本格的に花卉生産に。 ハーブ生産などにより多品種化へ。 シクラメンの本格生産へ。
平成9年11月
シクラメンフェアーの開催スタート
生産手段の高度化(ホイールローダー、2トントラック) 生産販売ともに順調に推移。
平成10年4月
販売施設の充実化。用土生産システムの確立。機械化。 春の生産も順調。個人経営の限界。法人経営への移行決断。
7月
法人化と同時に4名の従業員採用。(全国より)
9月
新店舗のための造成開始。(自家水田の転用埋め立て)2,100㎡
12月
駐車場用地確保(960㎡)
いちご観光事業用地確保。(2,200㎡)
次期発展計画(第二農園事業計画)の具体化始まる(現吉備路農園)
平成11年
いちごプラントの研究進む。
2月
新店舗建設。顧客会員制度の導入。
4月
新店リニューアルオープン(売り上げ好調)
7月
半露地施設増設 (500㎡)
平成12年2月
いちご施設新設 (1,800㎡)花卉育苗施設増設 (370㎡)
8月
花卉養生ハウス増設(600㎡)
11月
第4回シクラメンフェアー実施
12月
第1回いちご狩りスタート
平成13年2月
増資 6,000 千円(資本金 9,000 千円)経営の安定化を図る。
従業員確保(6名)
3月
岡山県農業法人協会にて経営診断を受ける。
8月第1回ぶどう狩りのスタート。
11月
第5回シクラメンフェアー実施
平成14年2月
いちご施設増設決定(用地確保=借地)
3月
新事業展開用地の選定にはいる。(現吉備路農園事業)
5月
いちご第二施設建設(1700㎡)雇用の充実化(従業員8名)
10月
第49回矢野賞受賞(岡山県の経営優良の青年農業者に贈られる賞) NHKクローズアップ現代にて紹介される。(農業を目指す若者たち)
12月
いちご狩りスタート。
平成15年3月
いちごソフトクリーム(従業員発案=現アグリ元気代表による)
5月
新事業の本格的交渉開始。
7月
地元地権者と交渉始まる。
11月
事業予定地の確定(総面積 3.3 ヘクタール)
12月
㈲アグリ元気岡山設立(歳納勝弘代表取締役就任)(資本金 5,000万円)
同時に有農マル園芸資本増強 (6,400 万円)
平成16年1月
事業資金認定。いちごハウス新設 (1,500㎡) 英田農園
3月
吉備路農園施設施行開始(いちごハウス 3,500㎡)(花ハウス 2,000㎡)
6月
シクラメン生産開始
8月
駐車場他の造成開始
近年になく台風の被害にあう(美作農園いちごハウス潅水)
10月
販売施設(200㎡) トイレ(女性用のみで8基設置)
11月
農マル園芸吉備路農園プレオープン(好調なスタート)
12月
吉備路農園第1回いちご狩りの開催
平成17年3月
グランドオープン(盛大にスタート)
吉備路農園いちご生産ハウス増設(2,000㎡)
吉備路農園花生産設備 (500㎡)
第二トイレ増設
3月
平成の市町村合併により美作市に合併(美作農園と改称)
4月
新入社員10名入社
5月
農産物直売所事業の本格化(プロジェクトチームの結成)
7月
本格的に営業活動展開
7月
美作農園。用土生産プラントの完成(2000㎡)
10月
農産物直売所元気倶楽部オープン
11月
吉備路農園第2回シクラメンフェアー開催
平成18年
設備投資が完了し本格的生産販売活動の展開(本格的6次産業ビジネスの展開)
平成20年4月
美作農園カフェテリア「しぇーね」オープン
6月
吉備路農園元気倶楽部リニューアルオープン
10月
吉備路農園花販売設備充実リニューアルオープン
10月
吉備路農園加工施設稼動…お弁当、惣菜販売開始
平成21年3月
レンタサイクル事業開始
6月
ブルーベリー園開園
平成22年3月
キッチン・カフェの施設改造ドッグラン、キッズガーデンの整備
テナント受け入れ改装(魚屋、その他)
平成23年11月
アリオ倉敷店にスウィーツショップオープン
平成24年7月
岡山市に農産物直売所(農マル産直岡山店オープン)
平成25年1月
美作農園花部門のれん分け(部門長の独立支援)
平成26年2月
子会社(有)アグリ元気岡山を売却
美作農園に経営資源を集中化
3月
(有)農マル園芸の社名を…(有)美作農園に改名する…美作の地でのさらなる成長・発展を目指す。
平成28年7月
いちごハウス増設(25 アール)
平成29年2月
いちごプリン販売開始
7月
湯郷カフェオープン
平成30年3月
大阪市にて園芸関係の会社のいちご農園プロデュース
7月
いちご園 10a増設
12月
大福事業スタート
平成31年3月
たまごかけご飯スタート
8月
店舗駐車場拡張工事
令和2年4月
本格的ネット販売スタート。
12月
美作市道の駅横 Aコープスーパーにカフェ出店
令和3年2月
いちごハウス 42a 完成(前栽培面積 1.28 ヘクタールとなる)
4月
本格的に大福事業展開